玄関スロープ施工例

Home / 玄関スロープ施工例

玄関スロープ

玄関スロープ

車椅子用のスロープに必要な角度は
・建築基準法では1/8以下(7.1°以下)

・バリアフリー法の円滑化誘導基準では
屋外は1/15以下(3.8°以下)
屋内は1/12以下(4.7°以下)
となっています。

ちなみに、1/12のスロープとは、
水平方向に12m進むと、1m高くなるような勾配の事です。

実際には1/8は利用者にとってはきつい勾配のようです・
しかし仮に1/15の勾配で、60センチの段差があれば、
約10mの距離が必要になり、
敷地に余裕のある場合でないと難しいのが現実です。
介助者がいれば変わりますし、階段より楽になります。

現在スロープが必要な方や、将来ご心配であれば、
多少角度が大きくなったとしてもある方がよいかもしれません。

車椅子用玄関スロープ施工実例

今までに施工させて頂きました、スロープの施工例を掲載いたしますので
参考にしてください。
玄関スロープ (2) 玄関スロープ (3)

玄関スロープ (4) 玄関スロープ (5)

玄関スロープ (7) 玄関スロープ (8) 玄関スロープ (9) 玄関スロープ (1)